ギリシャからロンドンへ。
ギリシャ人とまったり暮らす、KAROTOの日記。

A Diary of KAROTO living with a Greek partner in London.
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 旅〜ローマ編〜 | main | 旅〜モロッコ編〜 >>
旅〜スペイン編〜

スペインの始めはバルセロナ

先日の疲れが残ってローマからの飛行機で熟睡。
着いて目が覚め気温の低さに驚いた。
けど、やっぱり緯度はロンドンより低い。
昼間は暑かった。



荷物を置いて一眠りして、早速向かった先は”サクラダファミリア”
ガウディ好きの私がどうしても一度は行ってみたかった場所。
長い年月経った今でもまだ建築中。
今現在携わっている人たちも生きている間に完成が見れるのか分からないが
それに人生を捧げらること自体誇りだと思う。



次の日に行ったゴシック地区。
窮屈に立ち並んだ建物を迷路の様に抜ける。
中にあるのがピカソ美術館。
ここのセキュリティのおじさんが面白い。
スペイン語で話しかけてくる。
分からんのだが何故か言っていることが伝わる。
で、時々使う日本語。さすがスペイン。明るい人が多い。
そして、前髪が異常に短い女の人も(笑)



夕暮れ、近くの港に向かう。
ロンドンでは見れない奇麗な空と夕焼け。
時たま耳にする英語に敏感になりながらもぼんやり。



スペイン3日目。バレンシアに向かう。
前の日に予約した長距離バス。なかなか来なくて「間違えた?」と思いきや
出発時間の3分前にバスが来る。
さすがスペイン。日本以外は時間にルーズだな。
長旅。4時間半。景色がどんどん変わる。
内陸部はアメリカ内部のような乾いた土に覆われている。
バイクで走りたいところ。うん。

スペイン内部。英語表記が少ない。英語も通じにくい。
なんとかホテルに着いて荷物を置いて散策。
闘牛場がある。カーリーヘアーの女の人が多くなってきた。
オレンジの木がどこにでも立っている。

そう「パエリアとオレンジを食べるべき」と
スペイン人の友人が胸を張って言っていた。
ということで、美味しそうな店を探す。
一件、高そうだが美味しそうなところ発見。
入ってみたら・・・場違いだった(笑)
皆良い格好をしている。うちらが入る店じゃなかった。
入ったらしょうがない。意地でも食べてやる。
確かに美味しいが、うーん。居心地が悪い。
さくっと食べてホテルへ戻った。

スペイン4日目。バレンシアといえば海。
で、地下鉄とトラムを使って海へ向かう。
砂浜に奇麗な海。日本海の海ぐらいキレイ。
波も荒くない。こりゃー夏は混むだろう。



海を見てたらビールが飲みたくなったので海岸沿いのレストランに入る。
混雑しているなか、待ちに待ってウエイターとビールがくる。
と、横を見ると白人の家族が隣に座っている。
何やらもめているようだ。
彼ら、あまりの待たせぶりと、接客の悪さにキレまくっている。
娘がスペイン語を使える様だ。オーナーにガンガン言っている。
支払いに大して意義がある様で、何かの書類を記入し支払わずに帰った。
分かる分かる。その気もち。
20分近くメニューも持ってこなかったもんね。
でも、私たちは支払いました。スペイン語使ってね。

スペイン5日目。セビーリャに向かう。
快晴。バレンシア空港へ向かうバスも気持ちいい。
空港にて、偶然昨日もめている家族に出会う。
「あの家族、今日は冷静だねー。」
と友達と話しながら飛行機を待つ。
飛行機はとても快適。新しい飛行機会社らしい。
セビーリャでの宿泊先はフラットメイトの弟の家。
着いて早速電話をするが、
「忙しいので、4時半以降」と言われてしまう。
荷物が重いのー。どっか置きたいのーと思いながらも
とりあえず市内内部まで向かう。
次の日モロッコへ行かなければならないので、バスの手配を済まし
荷物を持って観光へ。



イスラム文化が残るセビーリャ。アルカサルに目を奪われる。
イスラム文化は教科書で習った程度。
今まではキリスト文化もしくは仏教文化ばかり見ていたので
とても興奮。美しい。内部はモロッコから帰ってきたあと見ることにした。

グアダルキビール川沿いで、
友人が本を読んでいる日本人男性と話をしていた。
彼は「世界一周をする」と言ったところ、後に引けず
とりあえず旅に出たらしい。面白い。
次はパリらしい。無事に帰国することを願う。



夕暮れ。セビーリャの迷路路地に迷い、何人にも道を聞きながら
フラットメイトの弟宅までたどり着く。
「hello!」と声をかけてくれた、弟。
顔も声もそっくり。仕草まで。懐かしいやフラットメイト(笑)
なんだか忙しいのにわざわざ仕事の途中抜けてきてくれたらしい。
うーん、兄弟そろっていい人だ。そして、後で帰ってきた弟のフラットメイト。
この人も
「自分ちの様に使ってくれてかまわないからね!」
と、英語が苦手なようだが笑顔が素敵なスペイン人だった。

住むなら南スペイン。人も文化もイイ!!!
ご飯もおいしいし。フラットメイトよ、Thanks a lot!

ということで、次の日のモロッコに不安を抱きながらも
しっかり熟睡した私でした。



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://trapicheiscay.jugem.jp/trackback/146
TRACKBACK