ギリシャからロンドンへ。
ギリシャ人とまったり暮らす、KAROTOの日記。

A Diary of KAROTO living with a Greek partner in London.
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 旅〜スペイン編〜 | main | あーーー >>
旅〜モロッコ編〜
モロッコ1日目。
これまた朝早く出発。セビーリャ→アルヘシラスに向かう。
バスステーションで、なんだか魔法使いのような人たちが沢山いる。
この魔法使いたち、後で沢山見ることになる。

アルヘシラスの港の近くにてフェリーのチケット購入。
「11時の船だ!急ぎなさい」とチケット屋のおじさん。
10キロの荷物背負ってとりあえず走る、走る。
なんとか間に合い手続き済ませ、乗船を待つ。が時間とっくに過ぎてる。
不安になりながらも隣の白ダウンのおねーちゃんが
乗るタイミングを教えてくれた。
このおねーちゃんと船の中で話す。
どうやらカサブランカ出身のおねーちゃんで、実家に帰るらしい。
フラ語、スペイン語、アラビア語、英語を話すおねーちゃん。
船の中でどれくらい出向を待っただろう。
カサブランカのおねーちゃんが情報を聞きに下に行った。

「なんだか船乗り換えなきゃならないみたい!」

おーい、あり得ないんですが。それもチケットを買ったところで
次の船のチケットに変えなきゃならないらしい。
で、フェリー乗り場外のチケット屋までまた走る。
「2時のチケットに変えて!船動かないみたい!」
とおじさんに息を切らせながら頼んだ。
で、これまたギリギリ。また走る(笑)
乗り場でおねーちゃんが待っててくれた。
間に合ったー。このおねーちゃんがいなけりゃ何にも分からんかった。

で、あらためて別の船にのる。何時に着くのか・・・。
乗船の際に日本人の旅人Mさんとあう。
南極行ったらしい。すごい人だー。



結局着いたのが5、6時近かったっけ?
船の中であったオーストラリア人とポーランド人、おねーちゃんと
発アフリカ大陸上陸。
おねーちゃんはバスでカサブランカに向かい、
オーストラリア人とモロッコ4回目ポーランド人のおっちゃんたちと
安いホテルを探す。なんだか、変なガイドがホテルを紹介。
で、決めた後みんなでご飯を食べに行く。
なんだか高そうな雰囲気。一人100DH(10ユーロ)っていうから
払ったが、後々色んな物を持ってこられボラれた。
そしてあの変なガイド。うちらが雇った訳じゃないけど
金を払わせられる。一人75DH。

早速人間不信。

聞いてはいたけどありえん。誰を信じてよいのか・・・。
次の日フェズに行く予定をタンジェに引き続き滞在することにし、
人間不信のままモロッコ1日目終了。

モロッコ2日目。なんかホテルは悪くないが人間不信のためチェックアウト。
で、重い荷物を背負いタンジェ市内を観光。
ブルーな2人の前に船の中で出会ったMさんと偶然出会う。
Mさんが気を利かせてくれて荷物を置かせてくれた。
うーん!やっとホテル探しが出来る!
ってことで、早速探す。
で中庭が奇麗な安宿を発見。一人一泊50DH。
どうやら映画で使われたらしい、この中庭。
友人は前日泊まったとこが良いらしく、別々に泊まることに。



その日の夜。ホテルスタッフと話し込む。夜中の3時近くまで。
彼らが夜食に食べる伝統料理のタジンと
アティとよばれるお茶をごちそうになる。
ここのスタッフ面白い。伝統音楽を聴かせてくれた。
奇麗な中庭。寒いけどすごく楽しい、そして眠くて寝てしまう。

モロッコ3日目。
朝11時に友人が起こしにくる。
さすがに眠い。で、朝からお茶とパンをごちそうになる。
モロッコのパンまるーくてうまい!
落ち着いたところでちょっと観光へ。
やっぱりここでも声をかけてくる偽ガイド。
そして金をせびる子供たち。
日本人は珍しいらしい。とりあえず声をかけまくられる。
最初はちゃんと返していたがいい加減うざくなるんだ。これが。



で、ホテルに戻る。
ご飯の時間を聞いていたので、しっかり守る私たち(笑)
きょうは魚のタジンと塩焼き。
これまたうんまい!最高!オリーブも入ってる♪
たらふく食べた後、部屋に戻って寝てしまうがまた12時に起きる。
で、また夜食をごちそうになる。



これ、写真取ったのに名前忘れた。パスタの短いのが沢山入ってる
スパイシーな味。おいしー。

今日はスタッフの一人が民族衣装「ジュラーバ」を着ていた。
魔法使いみたい。アルヘシラスでみた魔法使いだ!
タンジェの町中、特にメディナと呼ばれる旧市街のほうでは
魔法使いだらけだ。
ってことで、写真を一枚。タイトルは「魔法使いと私」(笑)



散々話して4時に寝た。

モロッコ4日目。今日はスペインに戻る日。
なんだか寂しい。すごい楽しかったから。

プチソッコのカフェのおじちゃん、
最後に大好きなミントティごちそうしてくれた。
ホテルスタッフから「いつでも戻っておいで。you are brother.」って
嬉しい言葉かけてくれた。

旅人Mさんともお別れ。
お互い時間が迫ってて慌ただしくさよならしたけど
ありがとー。楽しかった!

またもやフェリーの乗船のために走る。
今度は本気でギリギリで間に合う。(車とともに乗った)
今回の旅は走ることが多かったなー。

モロッコ楽しかった。また絶対に行く!
今度はカサブランカのおねーちゃんと観光予定。

この旅で出会った人たち全てに”ありがとう”


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://trapicheiscay.jugem.jp/trackback/147
TRACKBACK
モロッコ人の暮らしの知恵!手早くヘルシー、タジン鍋? 水と油を使わずに調理が出来るモロッコ的土鍋! 和・洋・エスニックなど、幅広くお使いいただけます。 その見た目のインパクトと、独特の形から 「どんな料理に使う器具でしょうか?」 なんて、N●K
タジン鍋・伊良保 | Sunday Shopping Blog | 2005/12/26 16:58