ギリシャからロンドンへ。
ギリシャ人とまったり暮らす、KAROTOの日記。

A Diary of KAROTO living with a Greek partner in London.
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あっという間の4月(゚o゚;; | main |
気がつけばウェールズ→ロンドン。あれは夢だったのか。
またまた「45日ブログの更新がありませんでした」という表示。

なぜなら引っ越しが終わったと思ったら、家にたくさーんの問題を発見。

そのおかげで、大家(エージェンシー)に苦情/改善を訴えに行き
毎週弁護士に相談に行き、

まだまだ解決していません。ダンボールが開かれないままの状態が一ヶ月。

占い師のkeikoさんの「水星逆行中」のアドバイスに反した決断が

やっぱり起こったかー。という感じ。

気分がすぐれない中、先日ウェールズに行ってきました。




霧、霧、霧。

100m先も見えない。対向車が少なくてよかったー。

もちろん運転者は私じゃないけど、助手席で見えないブレーキ踏んでいました。


着いた先は曇り空ながらも目の前が海のB&B。


先に見えるのはCriccieth castle (クリクキエス城)。

遠くて見ずらいけれど、なんとなくラピュタのシータが連れ去られた建物に似ているな


と思ったら、そこから北に車で約30分のCarnafon(カーナヴォン)城がモデルだとか。
早く気づいていればそっちにも行けたかも。


ここでは地元民も通うFish and Chipsで夕食をとりました。

あまりにも美味しくて写真撮り損ねたのは残念。

大抵冷凍の魚を衣をつけて揚げているので、

通常は衣だけカリッとして中はベチャとしていますが、

ここのは違いました!

身がホクホク。ポテトもハンドカットしているので美味しいのです。
オーダーしてから揚げていました。

少し時間はかかるけど、待つ甲斐あります。


揚げたてホクホクのFish and Chipsを海辺のベンチで食べていると、

うみねこが食べ物狙って低空飛行をしてくるんですね。

危ないところを、散歩中のおばちゃんに見られ笑われました。


ところで、皆さんウェールズにはウェールズ語があるのを知っていましたか?

わたしは知ってはいましたが、見聞きしたことがありませんでした。

ちなみにこれは英語とウェールズ語、両方の表記された看板。


全然違いますね。まず読めない。読み方がわからない。

ゴミ箱までも英語とウェールズ語二つの表記があって、とても興味が湧きました。

あとはBBCウェールズがあること!

ウェールズ語でニュースも子供番組もやってるんです。

UKという言葉でひとくくりにされてしまうけど、

人も文化も言葉も全く違う。

改めて違う国なんだなとおもいました。


ウェールズの人が喋る英語はとても丁寧です。

ミニマーケットで子供も”Lovely”と丁寧に返答したのには驚きました。

みんな優しいし、おおらかです。そして笑顔。

1日目にしてウェールズに恋に落ちました。
スポンサーサイト
mozzieさん。

ウェールズ語わからないんですけど、パートナー曰く
アイスランド語のような音と言っていました。
必ず子供達に教える独自の言葉に民族のプライドを感じられました。ロンドンとは大違い!
karoto | 2015/06/26 22:05
素敵〜!ウェールズ!
BBCウェールズがあるんですね〜知りませんでした。
OZでもLovelyって返って来るのが結構あってそっち系の人だったのかしらなんて今思います。
mozzie | 2015/06/26 16:15
COMMENT