ギリシャからロンドンへ。
ギリシャ人とまったり暮らす、KAROTOの日記。

A Diary of KAROTO living with a Greek partner in London.
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

昔のロンドンの天気
 

10年程前のロンドンの今時期のお天気はとにかく涼しかった。

涼しいというよりも寒い日が続いていた気がする。

でも最近は激しい雷雨や25度越えの夏日が度々ある。

温暖化が進んでいるよう。

そのうちゲリラ豪雨もあるのかな。


雨上がり。

ぬかるみに足を取られながらあるいたケンジントンガーデン。

そして5月最後の三連休が終わり。

ロンドンは夏に向かっています。


最近のことと美味しいまかない。
ギリシャでは毎日物作りに励んでいましたが、

(それしか出来なかったし、する事が無かった)

こちらに来て毎日家の中にいるのも何なので、バイトを始めました。


始めたのは飲食店。

決めては賄い。笑

適当に済ましてしまうお昼だと、体重が減ってしまう一方だったので

強制的に食べられる賄い付きを選択しました。

更に魚の種類がなく、鮮度も低いロンドンで美味しい魚が食べられて、

尚且つシェフが作る賄いが絶品!

麻婆豆腐/茄子→市販品が食べられなくなります。

ハンバーグランチ→2500円出しても良いくらい美味しい。手作りポテサラ最高!

三食丼→私が作るのと大違い。

焼き鳥風野菜炒め→市販のタレは使わず、焼き鳥屋かと思うくらいの美味しさ。

などなど。

食べに来ているのか?と思うくらい幸せな賄いです♥

これを食べて帰ったあとは夕食を作るのがとても億劫。

料理ってお腹が減っていないと出来ないですよね。プロは別ですが。


ギリシャののんびりから一転、毎日忙しくしております。

今週末はイースターです。

出かける予定でしたが、4連休の旦那さんはまだまだ夢の中です☆




ロンドンと自転車
ボリス・ジョンソンが市長になってから、乗り捨てができる公共の自転車が現れ

毎日通る橋の上では、自転車と車とバイクで埋め尽くされてます。

多くのところには自転車専用レーンもありますが、

それでもジグザグ好きなところを通るサイクリストに、バスの中の私はヒヤヒヤ。

ベトナムのスクーター集団の自転車バージョンとでも言いましょうか。


特に、スピードを出す男子集団。

私が見る限り、この様な格好の人たち危険?!です。

(写真の人たちはあくまでも例であります。危険運転してるとは限りません)


それでも、ちゃんとルールを守れば爽快なんだろうなーと思います。

特にバスの中でぎゅうぎゅうに詰め込まれて運ばれて行くのを見ると

出来るならば自転車通勤を選択したい。


先日寄ったカフェは、自転車屋の中にあるカフェで

サイクリストが着替えられるチェンジングルームもあるステキなカフェでした。


自転車は勿論、ヘルメットなどの自転車アクセサリーも扱うお店で

大きなテーブルでゆっくりコーヒーが飲めます。

仕事が早く終わる人はここに来てゆっくりしてから帰宅するのも良いかもしれません。


私も折りたたみ自転車がありますが、

引越しの際に大きなダメージを受けてしまい

走るけれどもバスが走る様な大通りを走るのはちょっと危険。

ただ今、中古自転車の購入を検討中です☆









1周年。
誰もが認める、ヘビースモーカーの旦那さんがタバコを吸わなかった日。

その日から1年ずっとタバコを吸わなかった。


禁煙中の人がよく言う、私の大嫌いな

「タバコを吸いたい」や「一本ちょうだい」と言わなかった。

勿論イライラもせずに。


癌の疑いがあった私の母の腫瘍手術を察して

止めてくれたのに気づいた時は嬉しかった。


スパッと止めた旦那の前世は、きっと侍だろう。

時々そんな潔さが見受けられる。


お祝いと感謝に大好きなKrispy Kremeをプレゼント。

2周年もお祝いできたら、またドーナツを買ってこようと思う。


御陰さまで母の腫瘍は癌ではなく、術後の経過も良く

先日の大学病院の診察で、

もう近所の耳鼻科で見てもらうレベルにまでなりました。

旦那の願掛けの様な禁煙の効果もあったかな。笑


3/18は私が全てに感謝したい特別な日。



いつもポチッとありがとうございます♡

誕生日は。

先週末は旦那さんの誕生日でした。

待ち合わせをしてテムズ川沿いにある、ロイヤルフェスティバルホールへ。




2人ともオーケストラ好き。

というより、共にあのチューニングの音が鳥肌立ってしまう程好き。



この日はロンドン交響楽団の講演。


前日ネットで予約した時はまだ席は有ったのに

当日は満員御礼。

お年寄りも若い人も、家族連れもいました。


そう、ちょっと可笑しかった事。

長〜い一章が終わり、次の章への数秒間。

演奏中は迷惑になるから「今のうち!」とおもったのか

一斉にこらえていた咳払いをする観客たち。


旦那さんは

「いや、終わった〜と思って拍手をしようと思ったけど

終わってないのに気づいて何も無かった様に咳払いしたんだよ」

と言ってましたが、

理由はともあれ、あの時の一斉咳払いには大笑いでした。



休憩中に、テムズ川の夜景が大きな窓から見られるのは◎.(o´∀`o)゚


後半、音に癒され眠ってしまった私。(汗)

後ろに首がカクッっとなって目が覚めました。恥ずかしい。


見れば、結構気持ちよく眠ってる人がいて

私だけではない事にちょっとホッとしてしまいました。

ま、ほぼおじいちゃん達でしたが・・・。


コンサートホールは旦那さんの専門分野なので

今後は2人でもっと頻繁に行く事になりそうです☆







お弁当。


ロンドンに来た次の日から続けているお弁当作り。

miilというiPhone/Android アプリで写真を撮って記録しています。

「わざわざ写真に撮って公開しなくてもいいんじゃない?」

という身内の声が聞こえてきそうですが、

私にとって、写真を撮る事は

夏休みの朝のラジオ体操でもらう「ハンコ」の様なもの。

(昔はカードを首からぶら下げて、

終わると同時に並んでハンコを押して貰っていました。よね?)

「今日は良いお弁当だった」とか「寝坊したー」というお弁当も

続けた事に価値があると思っています。


それに見られることで工夫しようと努力するし、

上手な人のアイデアを頂いたりすることで

コミュニケーションがはかれる

良いアプリだと思います。


更に、中にはトルコやドイツ、チェンマイなど

様々な国からオリジナリティあふれる食べ物が

見られてとても楽しいです。


まだまだ努力が必要なお弁当写真に

食べポチをして下さる方々と、キレイに食べてくる旦那さんに

日々感謝です☆



miil(ミイル)http://miil.me



こちらにも大変お世話になってます
↓↓↓



とある日曜の過ごし方
ギリシャからロンドンに引っ越して良かったなーと思う事の一つが

散歩するのが楽しいと思える場所が沢山あること。

特に家の近くに広ーいグリニッジ公園があり、

歩いて行けるのも、その道のりもちょっと特別。


自転車と歩行者のみの道。

この日はカイト(凧)の練習をしているグループがいました。


かけ声に合わせて、凧がシンクロして行きます。

このグループ、20代後半から60代くらいの男女6人。

結構力が要りそうな競技です。


グリニッジパークに着くと人人人。

 

日曜なので観光客は勿論、ちょっと遠くから来た家族や

デートをしている人が沢山。

久しぶりのお天気ですしね☆


この日のお目当てはアンティークマーケット。

グリニッジの規模は小さめですが、感じのいいストールの人が多くて

個人的にはここが一番。


家具、食器、洋服、おもちゃ、小物、レコード、古い硬貨など

アンティークからアンティーク?と思うものも色々あります。

食器類のセットものはちょっと高めですが、

そうでなければ1ポンド位から探せます。





このスーツケースを見た時に、旦那が一言。

「まるでタイタニックの船着き場のようだ」と。

妙に納得。

この古さといい、積み重ねた感じがタイタニック。


大体40ポンドくらい〜あります。

ショップウインドウに使いたくなります。

結局、欲しいものは見つかりませんでしたが、

見るだけでも楽しいので

ロンドンに来た際には是非立ち寄ってみて下さい。

Greenwith Clocktower market

DLRカッティーサーク駅から約徒歩5分。
BRグリニッジ駅から徒歩10分程。
日曜はやってます。それ以外の日は未確認。

地図はこちら↓




イギリスの最近のお天気
おはようございます。

土曜日の今日。日本からのメールやFBの写真は雪景色でした。

「階段の踊り場が凍結していました。」と母からのメール。

これを読んで下さっている皆様、明日朝は転倒に気をつけて下さいね。

私も昔、雪の次の日の朝に大通りで自転車で素っ転んで、

鞄、自転車、私が三方向に滑っていきました。笑

車もゆっくり走行していて、止まってくれたので轢かれずに済みましたが

足を怪我しただけで、大事にならずに良かったと思っています。


さて、イギリスのお天気ですが、

これを書いている間にも、晴れ→雨→雷→また晴れと

20分の間にこれほど迄に天気が移り変わっています。


上の天気図は今日のもの。

大体毎日このような天気図をニュースで見ています。

とある気象予報士が、

「洗濯機の渦の様ですねー」と言っていたのに非常に納得した私。

北イギリスの方は洪水で家屋が浸水している状態です。

ロンドンはほぼ毎日風が強く、雨が必ず1度は降っている状態。

レンガ造の塀や家には苔がたんまりと生えています。

土部分はいつもぐちょっと湿っていて足を取られる様。


ロンドンに来る前までのギリシャは春の様なお天気で、

平均的に日光に当たる時間が長かったので

このグレーの空の下では昼間でも眠くなってしまう次第です。


ちなみに冬うつは眠くなるのも特徴の一つで

ビタミンDを取ると良いのだとか。

試してみて眠気が減るようならば、お天気のせいかなーと

言い訳の様な事を考えている私でした。(///ω///)





素敵なラクトフリー。

最近スーパーで見かける、ラクトースフリー(乳糖なし)の牛乳を買ってみました。

子供の頃は平気で牛乳を飲んでいても、大人になるにつれラクターゼが減少し、

腹がゆるくなったり下痢をしたりするらしい。

私もその一人。暫くは豆乳を飲んでいました。


実際のところコーンフレークにかけても、紅茶に入れても

全くお腹が緩くならない!

味も普通ですし、これは良いとリピートしております。


個人的にこのパッケージがとっても気に入ったのと

CMのハリネズミが、ギリシャでよく見たハリネズミを思い出させる可愛さで

ちょっと高くても買ってしまう♡(普通の牛乳90pくらい、これは1.39でした。)

PRさん、グッジョブです!

↓コマーシャルはこちら↓






ロンドン水事情


引っ越して、間もなく大家さんから言われたお水の事。

ロンドンは硬水で、ライムスケールと呼ばれる水垢が

上下水道管にダメージを与えているのが現状です。

その為ナトリウムを定期的にいれて、水を柔らかくする装置を

取り入れたとのこと。

「飲まない方が良いわよ」といわれ、

気を使ってくれたのか、ペットボトルの水を数本用意してくれました。

が、自炊する私たちにはその3本じゃ足りない。

あっという間に終わり、しょうがないのでブリタでろ過するものの

ブリタの公式ページには「ナトリウムは除去できません」とのこと。

重層水の様な味が残ってます。

体への害は、

「すぐに影響を与える程ではないが、ナトリウムを除去するフィルターをつける事を

勧める」とか「絶対に飲まないで」など様々。

ちなみに塩分を控えなければならない人には影響があります。


今現在バイクや車がなく、大量の水を買いに行けないので

なんとか、大家に台所だけフィルターをつけてもらう様交渉する予定です。


このお水、飲んでも飲んでも喉が渇く。

山の水を汲みに行っていた私たちには、柔らかいけど確実に美味しくない水です。

ロンドンではよくある話のようなので、

同じ様な状況の人たちはどうしているのかな?なんて

思ってしまいます。


ちなみに、この水で植物に水をあげたら枯れてきました。

飲み続けたら私も枯れるかも。(;゚Д゚)